ひとこまコラム リターンズ

 毎月1回、会員が書くコラムが復活しました!
 本の紹介や本と人、人と人とをつなげるエピソードなど、学校図書館の日常の一コマを切り取ったコラムです。
 学校図書館の様子を覗いてみてください。

☆コラムで紹介している書籍の表紙画像は、 出版社の許可を得て掲載しています。



※「ひとこまコラム」のバックナンバーはコチラ

※※「ひとこまコラム リターンズ」のバックナンバーはコチラ

「お気に入り」はいつも図書館に   2018/09/10更新 

『ちぃたん』


『カワウソちぃたん』
ちぃたん【著】
宝島社
(2018/01/09発売)

 図書館に入ってすぐ右手にあるカウンターの上には、リクエストの申込みや不用雑誌の予約用紙とともに、ちょっと手にとって欲しい本が並べてあります。
 カウンターが混んでいて手続きの順番を待っている時や、友だちのつきあいで来て待っている時によく見られているのが、誕生日の日付ごとにディズニーのキャラクターにたとえられて性格がわかる誕生日占い事典。そして最近の1番人気は、何と言っても写真集『カワウソちぃたん』です。コツメカワウソのメスのちぃたん☆はテレビでブレイクしたそうなのですが、お仕事は、高知県須崎市の観光大使とのこと。本で見る限りでは、猫たち(複数)といっしょに、ごく普通のお家で飼われているようです。
 たまたま本が貸し出されている時に来た生徒がさびしそうにしていて、戻っていた時には「よかった」と心底ほっとした声を出していました。
 理屈ではなく、「とにかく好き」とか「とてもおもしろかった」という体験を図書館で1つでも多くしてもらえたらと日々仕事をしています。そういった体験を重ねることは、大変な思いをしたり、ツライことがあった時、ネットやテレビの受身の体験より、乗り越えるためのいっそう強い力になるだろうし、身近な人にも寄り添う心を持つことができると確信しています。

<るりび>

ホームに戻る