うろ覚えレファレンス

学校図書館では、覚え違い・うろ覚えの質問を受けることがよくあります。
どんな質問が来たのか、実際に知りたかったことは何だったのか、司書はどうやって正解にたどり着いたのか、いくつかの事例をご紹介します。


    ☆参考にしたページ  福井県立図書館「覚え違いタイトル集」

    ※「うろ覚えレファレンス」のバックナンバー

   no.4 New!                     2018/02/19更新

知らないうちに新刊が出てたのかなあ、と東野圭吾の著作を検索して、「あっ、これこれ!」と言われた。麒麟 → キリン → ビール → 黄金色 みたいな連想か? (2012年度)   

 
ホームに戻る
   no.5 New!                     2018/02/19更新

「表紙が裸?…はっきり言ってエロマンガはないからね!」と言ったらそばにいた常連メンバーが「これじゃない?」と持ってきた。確かに表紙が裸でおもしろい…。 (2012年度)   

 
ホームに戻る
   no.6 New!                     2018/02/19更新

聞き覚えがなく、とっさに出てこなかったので、調べておくからまた来てね、と伝える。検索しても、それらしきものがヒットせず、とりあえず付箋に「ベウン(いじめ)」とメモして机の上に貼っておいた。翌日なんとなくメモを眺めていて、「もしかして『ヘヴン』?」とひらめき、確認したところ正解だった。耳で聞いてもわからなかったが、字を見ると濁点の位置が違うだけで案外惜しい「うろ覚え」だった。 (2012年度)   

ホームに戻る