うろ覚えレファレンス

学校図書館では、覚え違い・うろ覚えの質問を受けることがよくあります。
どんな質問が来たのか、実際に知りたかったことは何だったのか、司書はどうやって正解にたどり着いたのか、いくつかの事例をご紹介します。


    ☆参考にしたページ  福井県立図書館「覚え違いタイトル集」

    ※「うろ覚えレファレンス」のバックナンバー

   no.36 New!                     2018/10/12更新

顔のイラスト

前に一度借りたんだけど、城のなんとか?かな?表紙が城で、女の子が男の子のふりをしてて、日本の人が書いてて、小さいやつ(文庫本)で、ファンタジーで。

顔のイラスト

『帝国の娘』上・下 須賀しのぶ 角川書店(角川文庫) 2011

横で聞いていた図書委員が即答してくれた。    (2017年度)   

 
   no.35 New!                     2018/10/12更新

顔のイラスト

吉野弘の詩でけっこう有名。「世界は…」ではじまる。

顔のイラスト

(本人が図書館の蔵書の中から発見して)はじまりは「生命は…」だった。詩のタイトルは『生命は』。

顔のイラスト

(『贈るうた』吉野弘 花神社 1992)

「生命は…」からはじまる詩だったのでなかなか見つからなかった。本人が図書館の蔵書の中から該当する本と詩を発見。    (2017年度)   

   no.34 New!                     2018/10/12更新

顔のイラスト

ノストラダムスの幽霊? 教科書に載ってて面白かった。

『レキシントンの幽霊』村上春樹 文藝春秋 1996 (文春文庫 1999)

   (2017年度)   

 
ホームに戻る