神奈川県学校図書館員研究会は、神奈川県内の学校図書館職員によって構成されている、県公認の研究団体です。さまざまなテーマを追求する研究活動、講演会開催や「神奈川学校図書館員大賞(KO本大賞)」の選定などの活動を通じて、学校図書館の充実発展、学校図書館職員の資質向上をめざしています。

更新情報

2020/01/08カスタネット
New!「ダウンロード」に第13回KO本大賞リスト・ポスター・リーフレットをアップしました。
2019/12/18うろ覚え
New!「うろ覚えレファレンス」のページを更新しました。
2019/12/18ひとこまコラム
New!「ひとこまコラムリターンズ」のページを更新しました。
2019/12/18レファレンス
New!「レファレンス事例ピックアップ」のページを更新しました。
2019/12/18研究会情報
New!「研究会情報」に夏期研究会の報告をアップしました。
2019/12/12カスタネット
New!「ダウンロード」に「2019年度冬期全体研究会講演資料」をアップしました。
2019/11/29ワンショット
「ワンショット」のページを更新しました。
2019/08/22カスタネット
「ダウンロード」に第13回KO本大賞メール用投票用紙をアップしました。
2019/03/16レファレンス
国立国会図書館様よりレファレンス協同データベース事業参加のお礼状をいただきました。
2019/01/30KO本
第12回KO本大賞受賞者のヨシタケシンスケ様および伊藤亜紗様よりメッセージをいただきました!

ひとこまコラム 復活しました! Returns!

ひとこまコラム

 毎月1回、会員が書くコラムが復活しました!
 本の紹介や本と人、人と人とをつなげるエピソードなど、学校図書館の日常の一コマを切り取ったコラムです。
 学校図書館の様子を覗いてみてください。
            ▼  詳しくはコチラ


 ※「ひとこまコラム リターンズ」のバックナンバー
 ※「ひとこまコラム」のバックナンバー
 ※以前の「ブックフレンズ」はコチラ




レファレンス事例ピックアップ

     

 学校図書館には、利用者である生徒や教職員からさまざまな質問(レファレンス)が寄せられます。
 利用者の「知りたい!」に応えるため、学校司書は、自校図書館の蔵書を駆使して、ときには他校の図書館と連携しながら、役立つ、使える資料や情報を提供しています。
 当研究会では、利用者から寄せられた質問とそれに対する回答を、レファレンス協同データベース http://crd.ndl.go.jp/reference/ に登録しています。

 学校図書館の日常的な活動の様子をご覧ください。

                           ▼ 詳しくはコチラ

 ※「レファレンス事例ピックアップ」のバックナンバー

うろ覚えレファレンス  


顔のイラスト

『永遠の入口』があるだろうと思うのですが、ありますか?

学校図書館では、覚え違い・うろ覚えの質問を受けることがよくあります。
どんな質問が来たのか、実際に知りたかったことは何だったのか、司書はどうやって正解にたどり着いたのか、いくつかの事例をご紹介します。

▼ 詳しくはコチラ


☆参考にしたページ  福井県立図書館「覚え違いタイトル集」

※「うろ覚えレファレンス」のバックナンバー


ワンショット  

ワンショット “ワンショット”では
会員の学校図書館を紹介しています。

▼ 詳しくはコチラ








KO本大賞  

第13回本KO大賞『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』に決定!


第13回KO本大賞


『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』に決定!



▼ 詳しくはコチラをご覧ください。


“KO本”とは
「かながわ・おもしろ・本」
「Knock・Out・された本」
「これは・おさえておきたい・本」。
会員が、この1年間に自分で読んで 「おもしろい!生徒にもすすめたい!」と思った本です。


国立国会図書館「レファレンス協同データーベース」


 当研究会は国立国会図書館「レファレンス協同データベース」事業の参加館です。
レファ協礼状


2019.2.
国立国会図書館様
より事業参加への
お礼状をいただき
ました。


▼クリックで拡大
(PDFファイル)